08/05/2021

メイクセラピーは化粧療法とも呼ばれており、心理カウンセリングを行い、顔立ちや骨格、顔のパーツなどに応じたメイクを行います。病人や高齢者にメイクを行い外見が美しくなることで、自信が持てたり、生活の質を向上させるのを目的としています。メイクセラピーになるために必要なスキルを身に付けるためには、通信講座や専門学校などで必要な技術や知識を学ぶ必要があります。メイクセラピストは3級から特級までありますが、資格を取得している人は病院などの医療機関、エステサロンや美容皮膚科、介護施設などで働くことが出来ます。病気や加齢などが原因で、容姿が衰えてくると気分が憂鬱になりがちです。容姿が衰えてくると、自信が持てなくなったり、ネガティブな思考に陥ることがあります。メイクセラピストは、病人や高齢者の悩みを聞いてあげる必要があります。心理カウンセリングを行うことで、心身共に良好な状態を維持することが可能です。

メイクセラピストは皮膚の色や顔立ちに合った、色彩を使うことで外見を美しくすることが出来ます。メイクセラピストは学校で基本的な知識や技術を学んだ後は、医療や美容、介護などの分野で経験を積んでおく必要があります。メイクセラピストは若い人はもちろんですが、人生経験豊富なミドル世代にも向いている仕事です。病人や高齢者にメイクをすることで、前向きな考え方が出来るようになったり、脳の機能を向上させることも可能です。非常にやりがいのある仕事と言えます。